知っている人が少ない恋活と婚活の違い

恋する活動と結婚相手を探す活動の違い知ってますか?

婚活が流行っていることは誰もが知っていることだと思いますが、近年は恋活というのも結構流行っていたりするのです。
婚活と恋活、どういった違いがあるのか意外と知らない人も多いでしょうから、簡単にまとめてみたいと思います。

結婚を意識しているか否か

基本的に婚活をするような人は、結婚を意識している人がほとんどです。
婚活パーティーに参加している人や、婚活アプリを利用している人を見ても、結婚に対する明確なビジョンを持っているのです。
一方で恋活をするような人は、基本的に結婚はあまり意識していません。
もちろん、多少は頭に思い浮かべている人もいるでしょうが、少なくとも明確なビジョンは持っていないと思います。
あくまでも、純粋に恋愛をした、恋人を作りたいという気持ちから恋活をするのです。

恋愛をしたいのか結婚をしたいのか

言うまでもなく、恋活をするような人は恋愛をしたいと思っており、婚活をするような人は結婚をしたいと思っているわけです。
もちろん、婚活目的の人であっても、恋愛をしっかりと楽しみたいたいと思っているかもしれませんが、あくまでも最終的な目的は結婚なのです。
でも恋活目的の人は、結果的に結婚にまで至ることはあっても、それを大きな目的としているわけではないのです。

軽い出会いか重い出会いか

基本的に恋活での出会いは、そこまで重くなることはありません。
気軽な恋人としてのお付き合いを望む人が多いので、基本的には軽い出会いとなるのです。
でも婚活では、双方とも結婚を前提としてお付き合いするわけですから、それなりに重い出会いになるわけですし、決して気軽な出会いとは言えないのです。(参考サイト:結婚への近道は婚活アプリ

明確な基準はない

もっとも、婚活と恋活に明確な基準はありませんし、ハッキリと線引きすることもできないと思います。
婚活アプリでも恋愛重視で利用している人もいますし、恋活アプリでも結婚を強く意識して利用している人もいるので、両者には違いはあるものの共通している部分も多いと言えるのです。